読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともだちのレビュー 2017年度

息子が二人いますが!5才の長男がなかなか謝れなくて困っています。2歳になり、なかなか素直にごめんねがいえない甥っ子くんへのプレゼントに購入しました。その心の移り変わりが細かく描写されていて!心の琴線に触れる1冊です。

コスパがいい♪

2017年04月04日 ランキング上位商品↑

ともだちごめんねともだち [ 内田麟太郎 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

そうなのよね〜と思ってしまう絵本でした。ともだちシリーズが大好きな子供にクリスマスプレゼントとして贈りました。オススメです。大人でも意地を張っちゃうとなかなか言えない!「ごめんね」。低学年にありがとうやごめんなさいの大切さを教えるいい本だと思います。この一冊でシリーズ全部揃いました。ともだちシリーズが大好きです。なかなかごめんねがいえない娘によんで聞かせたくて購入!きっかけがあれば素直になれるんだろうと思うけど!現実は・・なかなか。謝りたいのに素直になれない2匹のやり取りが!子供達にそっくりでかわいかったです。気持ちがよーくわかります。こちらの絵本は!シリーズ物で現在7作品出ています。ごめんねってなかなか言えないですもんね。ちゃんとわかってるけど言えない「ごめんなさい」を伝えることはとても大切なことなんだって、しっかり伝わってくる本です。子供がいる友達にオススメしてもらったのですが、とってもピュア(笑)で…"あぁあ…こういう気持ち、大人になってもあるのよぉ〜!!!素直になれない時ってあるよねぇ!!!"と共感して頂ける事間違いなし!子供さんに読み聞かせして貰いたいですが、まずはお母さん・お父さんに読んでもらいたいです。私としては絵が最近のもの風(変な言葉ですが)なので、どうかな〜〜〜と思っていましたが、「ごめんね」読んでと持ってきます。。(´∨`)。気づいたらお気に入りの本になっていました。シリーズ3冊目の購入です。一冊ずつ集めています。同じような経験をなんどもしている子どもたちに読んであげたいとおもいました。内容は「ごめんね」という一言がなかなか言えないというお話ですが、大人でも「すみません」の一言がなかなか言えないものです。小学校で読み聞かせの本に利用しています。今回は題名につられて…このシリーズの中でも一番好きな本です。ともだちやシリーズです。子供達のお気に入りです^^ともだちシリーズ、好きです。このシリーズ結構好きです。母からとなると!効き目がないかと思ったので!クリスマスの数週間前だったこともあり!「サンタさんが○○○のために贈ってきてくれたよ。「ともだち」シリーズの中でも私が一番オススメしたい絵本です。そのうちちゃんと言えるようになるのを願ってます。それから、1ヶ月たちますが、謝ることが少しずつできてきた気がします。。キツネと狼のやりとりが面白いですよ。ごめんなさいと言うのが苦手な息子へ購入しました。サンタさん、見ようるんじゃなー」って渡したら、自分で黙々と読んでました。友達を思いやる気持ちがわかりやすくて好きです。おおかみときつねのケンカも激しかったけど、仲直りも激しくて可愛かったです。なんだか考えさせられる一冊です。保育園でトラブルもあり、 悩んでいたとこにこの本を発見しました。うちの子には効き目があったようです!前回ともだちやをかって好きみたいなので今回ともだちシリーズ2冊目です。小さいながらにも友達とけんかすると相手も悲しい気持ちになるということが理解できたようです。